バーミキュライトの特徴と使い方・安全性・パーライトとの違い

農業資材

土壌改良材として有名な「バーミキュライト」。農業やガーデニングに携わる人は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、バーミキュライトの特徴や使い方・販売店について紹介します。バーミキュライトについて理解して、効果的に利用できるようになりましょう。

バーミキュライトの特徴

まずバーミキュライトとはどのような特徴があるのでしょうか。バーミキュライトの基本情報について理解しましょう。

バーミキュライトの主成分はケイ酸塩鉱物

バーミキュライトは「苦土蛭石(くどひるいし)」と呼ばれる鉱物を原料にしています。主成分は酸化ケイ素・酸化マグネシウム・酸化アルミニウム。

苦土蛭石を800〜1000度で高温処理すると10倍に以上膨張し、土のような質感に変わります。元々の原料が鉱物のため、ゴールドやシルバーなどのキラキラしたかけらが混ざっているんですよ。

保水性・排水性・保肥性が良い

バーミキュライトは薄い層が重なった多層構造になっており、隙間や穴がたくさん空いています。そのため、適度な水分や肥料を保ちながらも、排水性もある、バランスがとれた物質なんです。

肥料としての効果はありませんが、土に混ぜ込むことによって保水性・排水性・保肥性を高めます。

通気性が良い

隙間や穴がたくさん空いていることから、通気性がいいバーミキュライト。土の中に酸素が行き渡るため、根っこにも酸素を届けられます。酸素不足になっている土に混ぜて使うと、効果が期待できますよ。

断熱性・保温性が良い

多孔質のため断熱性・保温性もあるバーミキュライト。発泡スチロールのような仕組みで、夏の暑いときには断熱、冬の寒いときには保温してくれる便利な性質です。植物が育ちやすい環境を作ってくれますよ。

比重が軽い

バーミキュライトは鉱物を10倍以上に膨張させたもののため、比重が軽いのが特徴です。重さは、通常の土の10分の1程度。土壌を軽量化させたいときにおすすめです。

無菌

バーミキュライトは800〜1000度という高温処理をするため、菌が死んでいて無菌状態になっています。

ですが、最初が無菌なだけで、消毒や殺虫剤の効果があるわけではありません。後から菌や虫がつくので注意が必要です。

pHが中性

バーミキュライトの酸性度は中性。土のpHを左右しないので使いやすいですね。

バーミキュライトのメリット・デメリット

次に、バーミキュライトの特徴から分かる、メリットとデメリットについて紹介します。

メリット1.土の状態を良くする

バーミキュライトは、土の状態を良くすることが一番のメリットです。穴の空いた構造のため、保水性・排水性・保肥性・断熱性・保温性がいいことから、植物にとって育ちやすい、ちょうどいい状態の土を作ってくれます。

また、通気性がいいため、酸素が行き渡りやすく、植物が育ちやすくなりますよ。

メリット2.種まきのときに繊細な植物を守る

バーミキュライトは、無菌のため、種まきをするときや挿し木をするときなど、デリケートな植物に使えるというメリットも。無菌なのは最初だけですが、繊細な期間を無菌状態で育てられるのため、様々なシーンで利用されています。

デメリット1.使いすぎると植物が倒れやすい

バーミキュライトは植物を育てるのに嬉しい効果ばかりのように見えますが、軽すぎることがデメリットになることも。植物が育ってくると、重さのバランスが悪くなり、植物が絶えきれずに倒れてしまうこともあるんです。

バーミキュライトだけで使うのではなく、土と混ぜて重さを調節しながら使うことが重要です。

バーミキュライトの使い方

ではバーミキュライトはどのように使ったらいいのでしょうか?シーン別の使い方について紹介します。

種まき

バーミキュライトは無菌のため、細菌による影響を受けやすい種まきのときに利用されます。赤土、腐葉土やピートモス、バーミキュライトを3:1:1で混ぜて使うのが一般的ですよ。

力の弱い芽が生えやすいように、小粒のバーミキュライトを使うことがおすすめです。

挿し木

切ったばかりの枝は細菌に弱いため、無菌であるバーミキュライトは挿し木のときにもよく使われます。枝が大きい場合には、小さな鉢だと枝の重みにバーミキュライトが絶えきれないため、大きめの鉢を利用してくださいね。

水耕栽培

室内で土がなくても植物が育てられると人気の水耕栽培。バーミキュライトを使うと、土の代わりとなるので水耕栽培に使われています。

水耕栽培のセットには予め含まれていることがほとんど。

キットを使わず、自分で水耕栽培を作成するときには、ペットボトルを利用します。ペットボトルの上を半分に切り取り、上を逆さにしてバーミキュライトを入れ、植物を植えます。下側にある液肥に根っこが届くまではろ紙などで水分を吸い上げるように作ってあげましょう。

補助用土

バーミキュライトは肥料としての効果はありませんが、土に混ぜ込むことによって、土壌改善が期待できます。特に水はけの悪い土や、酸素が取り込まれていない土に混ぜ込むと、植物の成長速度が変わりますよ。

バーミキュライトはどこで購入できるか

バーミキュライトはホームセンター、100円ショップ、インターネットなど、園芸用品を扱っているところでは大体扱っているため手に入れやすいでしょう。

1リットルあたり300gと軽いので、持ち運びも簡単ですよ。まずは小さい鉢や、種まきのときに使ってみたい、という方は100円ショップで2〜3リットルほどで販売されているものを使うのがおすすめです。

大量に使う場合は、ホームセンターで購入することがおすすめ。20リットルで600円〜900円程度でお得に手に入りますよ。

バーミキュライトとパーライトの違い

バーミキュライトとよく比べられる「パーライト」。

パーライトとはガラス質の岩を蒸発させて作られた多孔質の物質です。土壌改良に使われ、無菌であることから種まきのときにも使われます。

また、パーライトには黒曜石を原料にした「黒曜石パーライト」と、真珠岩を原料にした「真珠岩パーライト」があります。黒曜石と真珠岩は水分量が違うため、黒曜石の方が穴が大きいため水はけがよく、真珠岩の方が保水性が高いという違いがあります。同じ「パーライト」ではありますが、効果が違うので使い分けることが重要です。

一般的な土壌改良や種まきのときにはバーミキュライト、水はけをよくしたいときには黒曜石パーライト、保水性を高めたければ真珠岩パーライトがおすすめです。

バーミキュライトとアスベストの関係

1970年代〜80年代にかけて、アメリカのリビー鉱山でとれた鉱物から作ったバーミキュライトに、アスベストが混入していることからバーミキュライトの安全性が話題になりました。現在リビー鉱山は閉鎖されていて、この地域のアスベストが混入する心配はありませんが、産地によっては、アスベストの鉱山と近いため混入してしまうことがあります。また、日本で販売されるバーミキュライトには産地の表示義務がないことから、確認できないのが現状です。

ですが、園芸用に使われるバーミキュライトは、アスベストが混入していたとしても微量のため、作業中に飛散してしまいます。そのため、建材用アスベストのように長時間触れることく、健康上への影響はないので安心してくださいね。

バーミキュライトを上手に活用しよう

植物を育てるなら常備しておきたいバーミキュライト。特質を上手に生かして、土壌改良や種まきの際に取り入れてみてくださいね。

コメント