米ぬかはそのまま肥料にできるの?米ぬかを肥料として使うときのポイント

農業資材
SONY DSC

米を精米したときに出る「米ぬか」。自宅で精米している人は、毎日のように発生するものですよね。また、お米やさんや精米所に行くと、無料でもらえることも。

そんな米ぬかは、肥料としても活用できると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。「肥料になるから…」となんとなく土にまいてしまうのはNG!

今回は、米ぬかはどのようにして肥料として使うことができるのかチェックしていきましょう。

米ぬかをそのまま土に撒くのはNG!

冒頭でも軽く触れましたが、米ぬかはそのまま土に撒いてはいけません。米ぬかは有機物から作らえる「有機肥料」のため、発酵させることが重要なのです。

一般的に手に入りやすい米ぬかは生の状態。肥料の材料にはなりますが、「栄養がありそう」とそのまま土に撒くと大変なことになることも…。では、そのまま土に撒いた場合どのようなデメリットがあるのでしょうか。

微生物が引き寄せられ窒素飢餓・ガス害が起きやすい

米ぬかには、米の糖質や脂質がたくさん含まれています。そのため、そのまま土に撒いてしまうと微生物が大量に集まることに…!微生物が集まりすぎることで、窒素のバランスが崩れ、窒素飢餓に陥ってしまいます。

植物にとって必要なのは、酸素だけではありません。窒素が不足することでも成長に影響が出てしまうんです。また、微生物によって米ぬかが分解されるときに、アンモニアガスなどのガスが出ることも。ガスは根に良くない影響を与え、成長を阻害します。

米ぬか自体は窒素が多いわけではありませんが、分解しやすい有機物が多いので、窒素が取り込まれやすくなってしまうので注意しましょう。

発酵熱による被害が起きやすい

米ぬかに含まれている糖質やタンパク質によって、微生物が増えることは前項で説明しました。微生物も呼吸しており、呼吸によって「発酵熱」が生じます。

「発酵熱」とは聞き慣れない言葉のため「どれくらいの熱なのか」想像できない人も多いでしょう。堆肥作りで発酵させた体験がある方なら、発酵熱の高さがイメージできるかと思いますが、一次発酵の時点で70℃程度。想像していたよりはるかに高い温度ですよね。

発酵熱は高い温度のため、通常別の場所で発酵させて発酵が終わってから土壌に撒きます。ですが、米ぬかをそのまま撒いてしまうと、土壌内で発酵してしまうことに…。70℃もの熱を持ってしまうと、根を枯らしてしまうようなダメージにも繋がりかねません。

カビが発生したり虫の温床になることも

米ぬかにはタンパク質が豊富に含まれているため、微生物以外の虫も寄せ付けます。コバエやナメクジ、ゴキブリなど野外に生息する虫たちが寄ってきたり、卵を植え付けることで虫の温床になることも…。

また、雨が降って米ぬかが濡れることで、カビの発生にもつながってしまいます。

虫やカビの発生は、植物の成長にとってもちろんマイナス。植物のための肥料のはずが、虫を呼び寄せる餌となってしまうので注意しましょう。

米ぬかに含まれている成分

微生物や虫たちも好む米ぬかには、どのような成分が含まれているのでしょうか。米ぬかは、窒素・リン酸のバランスがよく、ビタミンE・ミネラル・食物繊維も豊富に含まれています。

そのため、肥料としてバランスがよく、微生物の活性化をする役割もあるんです。化学肥料と比べると、効果は見劣りしてしまいますが、本来廃棄されるものを再利用した肥料としては、十分すぎるほど栄養が含まれているんですよ。

肥料にするためには少し手間がかかりますが、無料もしくは安価で手に入る材料としては十分な栄養素が含まれているため、肥料として人気なのです。

米ぬかを肥料として使う方法

米ぬかは有機物のためそのまま土に撒いて使うことはできず、発酵させてから肥料にする必要があると分かりました。では、発酵させて肥料にさせるには、具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか。

ボカシ肥料の作り方

米ぬかを発酵させて肥料にしたものを「ボカシ肥料」と言います。ボカシ肥料は、個人でも作ることが可能。

ボカシ肥料の作り方は、「米ぬかボカシ肥料とは?成分・メリット・利用方法・作り方徹底解説」に詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

米ぬか肥料のメリット

米ぬかを肥料にすることのメリットは何があるのでしょうか。

1.安くで手に入る

米ぬか肥料の一番のメリットは、安価で手に入ることです。米ぬかは、廃棄するところも多く、無料もしくは無料同然で手に入ることがほとんどです。

精米所だと「米ぬかはご自由にお持ち帰りください」となっているところも多いので、探してみてくださいね。また、近くに精米所がない人は、米屋産に聞いてみるのもおすすめです。安価なお値段で譲ってもらえることが多いですよ。それでも手に入らない場合は、米農家さんに問い合わせてみたり、インターネットでも購入できます。

いずれの方法でも、他の肥料より圧倒的に安く手に入るのが米ぬか肥料のメリットだと言えるでしょう。

2.栄養分が豊富でバランスが整っている

米ぬか肥料の2つ目のメリットは、栄養分が豊富で成分のバランスが整っていることです。窒素は2〜3%・リン酸は4〜6%・カリウムは1〜2%程度含まれます。3つの栄養素のバランスが採れているので、少々多く撒きすぎてもバランスが崩れることがないので、安心して使えますね。

また、カルシウムも0.5%・マグネシウムは1〜2%・ミネラルも含まれています。お米を削ぎ落とた部分なので、栄養素がたっぷり詰まっているんですね。

米ぬか肥料のデメリット

安くで使え、栄養バランスが整っている米ぬか肥料ですが、デメリットもいくつかあります。そこで最後に米ぬか肥料のデメリットも紹介します。

デメリットの部分も納得してから利用してくださいね。

1.緩効性のため、即効性はない

米ぬかは分解するのに時間がかかる「緩効性」の物質です。化学肥料のように、即効性がある物質ではないので、「すぐに土壌改善効果が欲しい」「成長中の植物への栄養にしたい」といった目的で使うには向いていません。

じっくりと土壌改革をしたい人には向いていますが、即効性を求める人には向いていない肥料だと言えるでしょう。

2.発酵させる手間がかかり初心者には難しい

米ぬかは、栄養バランスが優れており、ビタミンやミネラルなども含んだ物質ですが、そのまま利用することができません。肥料として使うためには、一度発酵させる必要があるため、手間がかかります。

発酵させて、肥料にするまでには数ヶ月以上かかってしまうので、肥料として使うまでには時間がかかるのもデメリットです。

また、上手に発酵させるには技術も必要です。初心者にとって、少し難易度が高いのもデメリット。「失敗してもまずは挑戦してみたい!」という方にはおすすめです。

米ぬかはボカシ肥料として上手に使おう

米ぬかは安価で手に入りますが、栄養バランスが優れており、肥料にするのにおすすめの有機物質です。一方、肥料にするために発酵させるには手間がかかります。

メリット・デメリットを理解して、米ぬかを上手に活用してくださいね。

米ぬかの利用方法は「米ぬかの利用方法は?掃除から肥料の作り方まで徹底解説」でチェックしてみてくださいね。

コメント