パーライトの種類と効果・選び方のポイント・注意点まとめ

農業資材

改良用土として知られている「パーライト」。ホームセンターや園芸用品店で販売されているため、目にすることも多いのではないでしょうか。
実は、園芸用としてあらかじめ複数の物質が混ぜられている土は、ピートモスやバーミキュライトなどと一緒にパーライトも混ぜて販売されています。土の中にある白いツブツブは、パーライトのことが多いんですよ。

このように、園芸をしている人なら、よく目にするパーライトですが、パーライトの種類や選び方、正しい使い方については実はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

パーライトの使い方は難しそうに見えますが、とっても簡単で、植物に対する効果も大きいため、園芸をする人にとって絶対に知っておきたい物質なんです。

そこで今回は、パーライトの基本情報について紹介します。パーライトについて知り、効果的に使えるようになりましょう。

パーライトの種類・効果

パーライトは、火山岩や珪藻土などを高温加熱して、水分を蒸発させることによって作られる多孔質な物質です。
水分が蒸発したときに穴がたくさんできるため、土に混ぜ込むことによって通気性がよくなったり、土壌の軽量化をしたりすることが可能になるんですね。

実は、パーライトは、作るときの原料によって種類が異なります。種類は主に「黒曜石パーライト」と「真珠岩パーライト」の二種類です。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

黒曜石パーライト

黒曜石を原料にして作られた「黒曜石パーライト」。黒曜石は熱に強く、水分が少ないため、高温で熱されて膨張した後は石の内部のみに空洞ができます。外側には穴があかず、石の内部のみ穴が空いているのが特徴です。

石の内部に空洞ができているため、土に混ぜ込むことによって、酸素を循環させる効果や、排水性が高いという特徴があります。また、中身は空洞なのでとても軽く、土に混ぜて使うことによって軽量化も可能です。

さらに、黒曜石パーライト通した水はミネラルを含むと言われています。ミネラルを含んだ水は、根腐れを防止する効果もあるため、根を健康的に育てたいときにもおすすめです。

真珠岩パーライト

真珠岩を原料にして作られた「真珠岩パーライト」。黒曜石パーライトと作り方や土の軽量化・通気性を高める効果は同じですが、水分に対しての効果は全くの別物です。

真珠岩は水分を多く含むため、高温処理をしたときに大きく膨張し、石の外部も破裂します。外部にも穴が空いた構造になるため、水分が染み込みやすく、スポンジのような役割をするようになるんですね。

そのため、排水性が良い黒曜石パーライトとは逆に保水性が良い性質を持ちます。また、保温や断熱効果も期待できますよ。

バーミキュライトと同じような働きをしますが、バーミキュライトの方が保水性が高い場合も。より保水性を重視する場合はバーミキュライトを使うこともおすすめです。

パーライトの選び方

パーライト全般に土の軽量化する効果があるため、ハンギングをする場合など鉢・土を軽量化させたいときにはどのパーライトを使っても問題ありません。

一方、パーライトは種類によって水分を排出させるのか、水分保つのかという部分では正反対の性質を持ちます。そのため、植物や土の状態に合わせて、水分量をどのように調節したいのかで選ぶのがポイントですよ。

水はけ・排水性が悪い場合

水はけが悪い場合は、排水性を高める黒曜石パーライトがおすすめです。

排水性が悪いと根腐りをする可能性が高くなってしまいます。根の成長が悪い場合は、水はけが悪くなっている可能性大。黒曜石パーライトを使うことで、排水性を高め、ミネラルを与えることで根腐りを防止しましょう。

水持ち・保水性が悪い場合

水持ちが悪い場合には、保水性を高める真珠岩パーライトがおすすめです。

水やりをしても、すぐに土の表面が乾いてしまう場合は、水持ちが悪くなっていると言えます。そんなときには真珠岩パーライトを混ぜて保水性を高めてあげるのがおすすめです。

保水性を高めながらも、空気はよく通すため通気性は高いので、根腐りの心配がいらないのも嬉しいですね。

冬越し・夏越しをする場合

植物を冬越し・夏越しさせるときに気になるのは保温性や断熱性。パーライトを使うと、通気性がよくなるため、土自体が空気をたくさん含むようになります。土に空気があることで、外気温の影響を受けにくくなり、保温性・断熱効果が期待できますよ。

パーライトの使い方・注意点

パーライトは土の軽量化、排水性や保水性を高めるために利用するとわかりました。また、phが中性のため、苦土石灰やピートモスよりも使いやすいのも特徴です。では、実際にどのようにして使うのがいいのでしょうか。
土の状態に合わせてベストなパーライトを使い分けてくださいね。

パーライトの使い方

パーライトを利用するときには、どのような目的で使うのかはっきりさせることが重要です。軽量化させるためなら黒曜石パーライトでも、真珠岩パーライトでも問題ありませんが、保水性・排水性を高めるためならそれぞれの性質にあったパーライトを利用します。

使うパーライトが決まったら、一般的に土と混ぜて利用します。パーライトはとても軽いため、単体で使うと植物を支えることができません。また、パーライトの割合が多いと水やりをするたびにパーライトが上に浮いてしまいます。そのため、土と混ぜて重さを調節して使うんですね。

パーライトの使用量の目安

パーライトは土の全体量に対して10〜20%を混ぜ合わせて利用します。最初に大きなバケツや、袋などに土と一緒に入れてよく混ぜ合わせましょう。

鉢底石として使う場合は土と混ぜずに、鉢底にしきつめて使います。

パーライトはとても軽いため、水やりをすると土の上に浮かんでしまい、本来の効果が期待できなくなることも。「パーライトが浮いてきたな」と思ったときは、大きな鉢に植え替えするときに、再度パーライトを混ぜて追加してあげることが重要です。

パーライトの購入方法

パーライトは園芸用品を取り扱っているお店やホームセンター、100円ショップでも購入できます。2Lで100円前後の低価格で手に入れられるので試しやすいですね。大きなサイズだと50Lほどのものもあり、大きなサイズになるほどお得に手に入れられます。

たくさん使うときには、大きなサイズでも問題ありませんが、使用する土の10〜20%しか利用しないので、最初から大きなサイズを買わなくてもOK。大きなサイズだと保存するにも場所をとってしまいます。まずは、お試しに小さめのサイズから使うことがおすすめですよ。

パーライトは軽いため、持ち帰りやすいのもメリットです。家庭菜園で使う量だと、直接お店で購入しても楽に持ち帰れます。たくさんの量を注文するときにはインターネットで注文して、家まで届けてもらうのもおすすめですよ。

パーライトを正しく効果的に使おう

パーライトはお手軽な価格で手に入れられるにも関わらず、土の軽量化や排水性・保湿性を高めてくれ、植物の成長を助けてくれます。

「ハンギングをするときに土を軽量化させたい」「土の表面がすぐに乾燥してしまう」などよくある悩みを解決してくれるパーライト。お手軽価格で、土に混ぜるだけで使えるので、ぜひ容量を守って挑戦してみてくださいね。

コメント