移住するなら知っておきたい!人気の地方ランキング・支援金・仕事

地方移住・地方生活
Close-up Of Unemployed Businesspeople Carrying Cardboard Boxes

移住に興味があるあなた。なんとなく移住したいと思っていても、実際にどうしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、移住するときの移住支援や制度、支援金はどんなものがあるのかについて。また、人気の地方ランキング・移住した人の仕事について紹介します。
移住についての具体的な情報を知り、移住のステップに活かしてくださいね!

移住した人の「移住した理由」

近年、移住をしたい人が増えていますが、他の人が移住をしたいと思うきっかけや理由は何があるのでしょうか。

以前は「移住」というと、定年後にセカンドライフとして田舎に移り住むイメージがありました。そのため、のんびりした生活を送りたい、田舎でゆっくりと過ごしたい、という理由が多かったのです。

一方、近年では若い人が移住することも増えてきています。若い人は、従来のように田舎で「ゆっくり過ごしたい」というよりは、「スローライフで生きていきたい」「地域おこしに貢献したい」「自然に囲まれて子育てしたい」といった、自分の理想の生き方を実現するために移住するケースも増えてきているんですよ。

また、「ずっと田舎だけで暮らしたい」というよりは、「田舎をベースに暮らしながら、都会にもアクセスがいい場所に住みたい」という人が多数。居住場所として人気の場所は、このような移住したい人のニーズを満たすものとなっているんです。

移住で人気の地方ランキング

移住する理由にもあるように、移住したい人は「自然」「他の都市へのアクセスのよさ」「住みやすさ」などをみて、移住する場所を決めています。

「自然にかこまれたところで生活したい」という人でも、海が見えるところで暮らしたい、という人もいれば、緑豊かな山の中で暮らしたいという人まで様々ですよね。

では、実際にどんな都市が人気なのでしょうか。

認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」による2018年の調査によると、実際に移住した人が多い地域は、1位「長野県」、2位「山梨県」、3位「静岡県」です。

1位の長野県は、雄大な自然があることや、すでに移住してる人が多いから安心・そして自治体の支援が手厚いことが人気の理由。
若者向けの就職相談、30代〜40代向けの転職・Uターンセミナー、セカンドライフ世帯に向けた研修など、移住する人へ向けてのサポートが多いので、情報収集もしやすいですよ。

2位の山梨県は、特急電車で東京まで1時間半というアクセスのよさにも関わらず、富士山や南アルプスなどの自然が豊かなことが人気の理由です。
月1回ほど移住セミナーが行われたり、空き家を移住希望者に貸出をする「空き家バンク制度」などもあり、移住者を歓迎しています。

3位の静岡県は関東にも関西へのアクセスが良く、過ごしやすい気候のことから人気です。

「どこに移住するのがいいのかわからない…」という人は、人気の都市からチェックしてみるのもおすすめです!

移住するならどうしたらいいの?

では、「移住したい」と思ったときは、具体的に何からはじめたらいいのでしょうか。
移住したい理由や住んでみたい都市の候補がなんとなくできたら、具体的に行動にうつしていくのがおすすめです。

移住体験・お試しする

移住したいときのまず最初の行動は、「体験・お試し移住」をしてみることです。

移住をしたいと思ったままの勢いで移住すると「思っていたのと違った…」「なんか合わないかも?」となることも。
憧れている地域やライフスタイルでも、実際に生活をすると想像と違うことも少なくありません。そのため、まずは体験・お試しをすることが重要です。

まずは週末気になる地域に行ってみる、数日間滞在してみる、お試しで1週間・1ヵ月体験移住してみることがおすすめ。

実際に滞在したからこそ感じる気持ちや、小さな違和感などは見逃さず、「ここで違和感を感じた理由は何だろう?」と考えるきっかけにしてみてくださいね。

移住先はすぐに決める必要はありません。そもそも移住をするのが自分にあっているのか。この地域があっているのかなど、ゆっくり考える時間をとってみてください。自分が心から納得してから決めるのが大切ですよ。

イベント・相談会に参加する

具体的に気になる地方がある場合は、移住者を支援するためのイベントや相談会に参加してみるのもおすすめです。

詳細の情報が知れるのはもちろんですが、移住したいと思っている人と出会うこともできるので、情報交換できる移住友達ができるのも嬉しいポイントです。

移住支援はどんなものがあるの?

移住者を支援している自治体などは、「移住者支援」としてイベントや相談会をしているだけではありません。
住宅地の支援や、支援金、就職のサポートなど具体的なサポートをしているところも多いのでチェックしてください!

空き家をリノベーションして使う人に対して、工事費用の補助をしている自治体や、引っ越し費用を補助してくれる自治体も。

また、北海道帯広市や岩手県盛岡市のように、企業をした人に対して最大1000万円の助成金を出してくれる自治体もあります。秋田県秋田市のように新たに農業を始める人に対して、機械屋施設を無料で貸出をしたり、助成金を出してくれる、ビジネスに対してのサポートがある自治体もあるんですよ。

北海道厚真町のように、高校生までの医療費負担額をポイント還元したり、金券と交換してくれる自治体や、秋田県四国中央市のように母子・父子家庭の方に児童が20歳未満の場合医療費助成をしたりと子育てサポートをしている自治体も。

自治体別にユニークな支援制度があるので、一度確認してみてくださいね。

移住した人は仕事はどうしてるの?

移住するときに気になるのは「仕事」。今までの仕事を辞めて移住するとなると、次の仕事をどうやって見つけるのか不安ですよね。

都会に住んでいる場合、移住する先の仕事を見つけるのも、面接に行くのも一苦労です。移住した人は、どのような仕事をしているのでしょうか。

田舎に移住したときの仕事

田舎に移住した場合、どんな仕事をしている人が多いのでしょうか。

プログラミングやデザイン・ライティングなどパソコンでできる仕事をして、移住先とは関係ない仕事をする人もいれば、自分自身で起業したり、古民家カフェなどのお店を始める人も。

また、高齢者が多い地域では、高齢者サポートや事業を継承して跡取りとしてはたらく人もいます。

その他、農業や林業・畜産業などの一次産業に従事する人、「地域おこし協力隊」として、地方の地域を手伝うという人もいるんですよ。

あなたのしたい仕事と、稼ぎたい給料の額、そしてスキルを考えながら、あなたにとってベストな仕事を選んでくださいね。

移住をするには小さな第一歩から

移住をするのは、あなたの人生にとって大きな節目になるでしょう。「早く良いところを決めたい!」とはやる気持ちは分かりますが、焦らず納得の行く場所・仕事をゆっくりと決めるのが大切です。

また、一緒に移住するパートナーがいる場合、パートナーに不安や不満がないのかよく話し合って、意見を聞いて決めることが重要です。

移住をするためには、まずは情報を集め、実際にその土地に訪れて、土地やそこに住んでいる人の雰囲気を感じることから始めましょう。

あなたにとって、最高の移住先を見つけるには、小さな一歩から始めてみてくださいね。

ファーマリー中古農機具買取販売

ファーマリーでは、完全整備済みの中古農機販売・農機買取サービスを提供しています。

トラクターや耕運機・コンバインなど、国内トップクラスの在庫量があるので、きっとあなたの探している農機が見つかりますよ。遠方への輸送や、販売後の整備にも対応しております。

これから農業を始める方、新しい農機具をご検討の方は、お得に農機を手に入れませんか?
是非一度、弊社サイトにご訪問ください。

中古農機具販売サービス【DMM 農機】
中古農機具販売ならDMM 農機。 在庫の見つけにくい中古農機具をはじめとして、農業生産に必要となるあらゆる機械、農機具を掲載いたします。 お客様のご要望に応じてDMM 農機が仕入れ、販売、納品、メンテナンスまで一貫して対応いたします。

農機具買取をご希望の方はこちら

ファーマリー by DMM.com

コメント