農業の始め方と必要な3つの要素【就農・独立・副業】

地方移住・地方生活

「農業を始めたい!」と思っていても、どのように始めたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、農業の始め方と、農業を始めるときに必要な3つの要素について紹介します。

農業を始めるにあたって重要な3つのステップも紹介するので、これから農業を始めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

農業の始め方は就職か独立がある

農業を始めるには大きく分けて2つの方法があります。1つは農業法人への就農。もう1つは独立就農です。では、それぞれどのような特徴があるか確認していきましょう。

農業法人へ就農する

「農業を始めてみたけれど、スキルはないし、土地を準備することも難しい」という方におすすめなのは農業法人への就農です。農業法人への就農は、簡単に言えば「農業を行う会社に就職する」こと。会社へ就職するので、もちろん初期費用などは必要ありません。決まった給料をもらいながら農業に関われるので、「仕事で農業をしたい」と考えている方にはおすすめです。

一方、業務内容や就業時間などが決められていることなどから、独立したときよりも自由度は低いことに注意しましょう。また、給料は会社の業績によって変わるため、必ずしも高額とは限りません。場合によっては20万円前後の給料から上がらない…なんてこともありえます。就職する際には、待遇についてよく確認してくださいね。

【農業法人への就農がおすすめの人】
・安定した給料をもらいながら農業を行いたい人
・初期費用をかけずに農業をしたい人
・将来的に独立を考えているけれどまずは組織で技術をつけたい人

独立就農する

「自分なりのスタイルで好きな作物を作っていきたい」という方におすすめなのは独立就農です。独立就農は農業で起業するようなもの。初期費用もかかり、土地や農機など準備するべきものも多いですが、農業法人へ就職した場合よりも自由度ははるかに高いと言えるでしょう。

もちろん、会社に雇われているわけではないので、自分で商品を販売したり、サービスでお金を得たりしない限り、利益はありません。販売できる作物を1年目から必ずしも作れるわけではないので、給料は保証されていないことに注意しましょう。国や自治体からの補助金は想定しているよりも少なく、初期費用だけで消えてしまうこともあります。キャッシュフローについて、独立前によく考えておくことが重要です。

【独立就農がおすすめの人】
・既に農業の知識や技術がある人
・土地や農機を持っている人
・自分の理想とする農業をしたい人

農業の始め方は?3ステップで確認しよう

あなたは、農業法人への就農と、独立での就農どちらが自分にあっていると思いましたか?

「自分に合っているスタイルがわかったから、すぐに就農だ!」と行動するのはちょっとまって!就農するときには3ステップを踏むことが失敗を防ぐポイントなんです。ではさっそく農業を始める3ステップを確認してみましょう。

農業の始め方1.農業の仕事を理解する

農業を始めるときには、まず農業について理解することが重要です。近年の農業ブームの中、「脱サラ農業」と仕事をやめて農業を始める人が増えています。また、農業で成功している人のサクセスストーリーなどもよく目にしますよね。そのため「自分も仕事をやめて田舎で農業をしよう!」と思う人も少なくないでしょう。

ですが、農業で成功できる人はごく一部です。一攫千金を狙って独立してもすぐに生活できなくなることも少なくありません。農業の明るい部分を見ることはもちろん重要ですが、仕事にする以上、現実をよく見ることも大切です。

農林水産省のデータを確認する、補助金や助成金についての要項を確認するだけでなく、実際に農業をしている人に話を聞くなどして一次情報を集めてくださいね。

農業の始め方2.農業を体験してみる

農業について理解した後は、実際に農業を体験してみましょう。今は週末だけ農業をできるレンタル畑なども増えています。また、農業法人へのインターンシップなど短期間農業をすることも可能です。

農業は土作りから収穫まで、泥臭い作業の積み重ねです。また、収穫時には朝早くから収穫し、夜遅くまで出荷作業に追われることも少なくありません。「畑をいじることが好き」だけでは務まらないハードな仕事です。実際に農業を体験して、自分にも務まるのか判断しましょう。

また、実際に農業を行っている人に話を聞くことで、農業の実態を知ることも大切です。色々な人とつながって、人脈を作ったり、コミュニティに参加したりすることも後々役に立ちますよ。

農業の始め方3.農業を本格的に始める

農業を体験した上で、農業を行っていく覚悟ができた場合は本格的に農業を始めましょう。農業体験でお世話になった人や、農業を先に始めていた先輩などに就農したことを伝えてくださいね。きっと力になってもらえますよ。

農業を始めるときに必要な3つの要素

農業を本格的に始めるときには、必ず必要な3つの要素があります。特に独立して農業をする場合にはすべて自分で用意しないといけないため、どのように揃えるのか考えてみてくださいね。

農地を確保する

農業を始めるときに1番重要なのは「農地」です。農地を確保できないと農業を行うことはできません。

農地を手に入れるときには「農地法」や「農業経営基盤強化促進法」などの法律も関係します。また、自分で空き地を探すことは難しいので、農地中間管理機構などを利用して、借り手を探している農地の情報を閲覧することもポイントです。

資金を確保する

農業を始めるときには「資金」の確保も重要です。農地を準備するだけでなく、農機や、種や苗、肥料など出荷にいたるまでに多くのものを準備しないといけません。また、出荷して売上が確保できるまでの生活に必要なお金も確保しておく必要があります。

技術を取得する

農業を始めるときに、見落としてしまいがちですが「技術」の取得も重要なポイントです。農業は土や気候によっても育て方が大きく変わるため、技術の継承が難しいもの。一般的に出回っている情報だけでは、満足のいく作物を作れないことも…。

本やインターネットから知識はつけられますが、経験していないとわからないこともたくさんあります。教えてもらえる関係性をつくっていくのも大切ですよ。

農機や住宅なども確保しておくと安心

農地・資金・技術を確保したら、その他には「農機」「暮らしていくための住宅」なども確保しましょう。農機は中古のものだと、初期費用を抑えられます。また、農業をしやすい農地の近くの住宅を確保すると仕事をスムーズに行えますよ。

副業としての農業の始め方は?

「いきなり農業だけで生活していくことは難しそうだから、まずは副業として始めたい」というあなた。副業として農業を始めることは、ハードではありますが不可能ではありません。

おすすめなのは週末だけアルバイトとして働く方法。畑作業以外でも大丈夫な場合は、マルシェや市場などの販売員として農作物を販売するのもいいでしょう。

自分の畑を耕して収益を得たい場合、副業として行うのは体力や時間的にも厳しい割には収益に結びつかないこともあるので注意しましょう。畑が遠い場合や、平日は手がかけられない場合は、あまり手のかからない樹木やハーブ類などの作物を選んでみてくださいね。

農業を後悔なく始めるためにビジョンを明確にする

農業を始めるときのポイントや必要なものがわかったら、最後は「自分はなぜ農業を始めたいのか」ビジョンを明確にしましょう。

農業は楽しくやりがいのある仕事ですが、自然を相手にする厳しい仕事でもあります。始めたばかりのときには「もうやめてしまいたい」と思うこともあるでしょう。そんな中、農業を始めた目的がはっきりしていると耐えられるものです。

ぜひ本記事を参考に、農業を始める準備をしてみてくださいね。

ファーマリー中古農機具買取販売

ファーマリーでは、完全整備済みの中古農機販売・農機買取サービスを提供しています。

トラクターや耕運機・コンバインなど、国内トップクラスの在庫量があるので、きっとあなたの探している農機が見つかりますよ。遠方への輸送や、販売後の整備にも対応しております。

これから農業を始める方、新しい農機具をご検討の方は、お得に農機を手に入れませんか?
是非一度、弊社サイトにご訪問ください。

ファーマリー

コメント