脱サラして農業をしたい人は必読!『最強の農起業!』を読むメリットと概要まとめ

農業ノウハウ
Close-up Of Person Hand Planting Small Tree On Ground

脱サラして農業を始めた畔柳茂樹さん。脱サラして農業で成功するまでのストーリーが書かれた著書として人気の『最強の農起業!』は2017年6月7日にかんき出版から発売されました。

農業へどのように転身したのか、どのようにビジネスを作り上げていったのかなど、実際の数字を細かに出しながら説明した一冊。これから農業を始めたいと考えているサラリーマンは必読の本だと言えるでしょう。

今回は、『最強の農起業!』の概要のまとめと、読むメリットを紹介します。

『最強の農起業!』の概要まとめ

『最強の農起業!』はどのようなことが書かれてあるのでしょうか。

目次は以下です。

プロローグ
Chapter 1 なぜブルーベリーだったのか?
Chapter 2 理念、戦略、ブランディング
Chapter 3 めざすは生産性の高い農業
Chapter 4 無人栽培
Chapter 5 観光農園システム
Chapter 6 IT集客
Chapter 7 農業を志す方へ
Chapter 8 人生を変えたいあなたへ

まずは、本全体でどのような内容が書かれているのか紹介します。

脱サラしてブルーベリー農園を始めた畔柳茂樹さん

『最強の農起業!』の著者は自動車部品世界No.1の株式会社デンソーにて働いていた畔柳茂樹(くろやなぎしげき)さんです。

畔柳さんは、年収1千万円の安定した生活を捨てて、45歳で起業。独立後は、観光農園「ブルーベリーファームおかざき」を開設。わずか60日あまりの営業で1万人以上が訪れる農園に育ちました。

『最強の農起業!』はそんな畔柳さんのストーリーが書かれてある一冊です。

脱サラして農業を始めるまで

ほんの冒頭では、畔柳さんがサラリーマンを独立してから農業を始めるまでのストーリーが書かれています。

なぜ農業をしようと思ったのか、なぜブルーベリーを選んだのかなどの葛藤が分かります。

「脱サラして農業を始めたいけれど、正直農業をしようかはまだ決めかねている」「農業は将来性のあるビジネスなのか」と、農業に参画するのか悩んでいる人は、畔柳さんのストーリーが参考になるでしょう。

また、畔柳さんんがブルーベリーを選んだ理由、そしてブルーベリー以外に何を検討していて、どのように候補をしぼっていったのかも詳しく書かれてあるのもポイントです。

「農業を始めたいけれど、何を作りたいのかは決まっていない」という人には、どんな作物を育てていくのか考えるポイントになるでしょう。

ブルーベリーファームの経営・観光農業について

『最強の農起業!』のメインは、ブルーベリーファームの経営や観光農業についてのノウハウです。観光農園のシステムや、ITを使った集客の仕方などは実際の数字も紹介しながらの説明があるので、具体的に想像しやすいですよ。

これから農業を行う人はもちろんですが、すでに農業を行っていてこれからITを利用した集客を考えている人にとっても、参考になるノウハウがたくさんです。

また、観光農業と通常の農業の違いも詳しく説明されているため、観光農業について詳細を知りたい人にもおすすめの一冊ですよ。

脱サラして農業を始めたい人へのメッセージ

『最強の農起業!』の最後の2章は、これから農業を志す人へのメッセージが書かれています。脱サラをして農業を始めるというのは、決して簡単な道のりではありません。

「安定した職業を捨てて農業をしても、生活できるか分からないから決断できない」「農地はどうやって探したら良いんだろう」「農業への知識が全くないから、どうやって学んだらいいんだろう」など、農業を始める前につまずくであろうポイントに対して、畔柳さん自身がどのように乗り越えてきたのか、具体的に説明がされています。

脱サラしてゼロから農業を始めようとしている人にとっては、これほど参考になることはないでしょう。

また、畔柳さんの経営方法のように、国やJAに頼らない自立した農業をしたいと考えている人にとっても勉強になる部分は多いでしょう。

『最高の農起業!』を読むメリット

本の概要が分かったところで、次に『最高の農起業!』を読むメリットについて紹介します。

異業種から農業に参画したストーリーが知れる

『最高の農起業!』の一番のメリットは、異業種で長年サラリーマンをしていた人がどのように農業に参画して成功したのかのサクセスストーリーが知れることでしょう。

新規参入して成功させるためには戦略が必要です。農業で見落とされている概念やネックポイント。そしてネックになっている部分をどのように改善するのか、エッセンスがたっぷりとつまっています。

また、異業種から農業を始めるときに悩むポイントについても具体的にどのように対処したのか分かるのも嬉しいポイントです。

観光農業についてのノウハウ

農業の本は、概念がかかれたものや個別の作物の育て方の本が多いですよね。農業のビジネスとしての戦略の立て方、そして観光農業についてのノウハウが書かれた本はそれほど多くありません。

そのため、観光農業について学びたい人にとっても『最強の農起業!』は勉強になる一冊だと言えるでしょう。

観光農業と通常の農業の違い、観光農業のメリット、初期投資の金額、営業方法など「ここが知りたかった!」と思える内容がつまっていますよ。

一点注意点をあげると、ブルーベリーファームおかざきは「養液栽培」でブルーベリーを育てています。養液栽培は、初心者には難しく失敗することも多い栽培方法。そのため、養液栽培についてのノウハウを知りたい方も多いでしょう。ですが、『最強の農起業!』には養液栽培をしていることは書かれていますが、そのノウハウについては言及されていません。

栽培方法を学びたい人にはおすすめできませんが、ビジネスとしての戦略や考え方を学びたい人にとっては、満足のできる内容だと言えるでしょう。

一歩踏み出す勇気がもらえる

『最強の農起業!』では、これから農業を始めたい人、そして農業をしたいと思っている人以外でも「人生をかえたい」と思っている人への熱いメッセージが書かれています。

これからの人生で、自分は何をしていきたいのか悩んでいる人。今の仕事に限界を感じている人。好きなことを仕事にしたい人にとってのヒントや、自分自身のことを内省するきっかけになるでしょう。

農業の戦略本でありながらも、最後の2章は自己啓発的な内容も含まれた一冊です。

これから農業を始めたい人は必読

『最強の農起業!』は、畔柳さん自身のストーリーのため、スラスラと読めることのできる本ですが、中には農業経営に対するエッセンスがつまっています。また、脱サラして農業を始める人にとっては特に参考になる部分は多いでしょう。

ブルーベリーの育て方については言及されていないため、農業書だと思って購入すると少しギャップがあるので、注意してくださいね。農業への思いを情緒的に書くのではなく、農場のデータやノウハウもしっかりと書かれたビジネス書だと言えます。

これから農業を始めたいと思っている人、農業以外の分野でも起業を考えている人、好きなことを仕事にしたい人にとって、勇気がもらえる一冊。電子書籍も販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考図書『最強の農起業!』かんき出版

ファーマリー中古農機具買取販売

ファーマリーでは、完全整備済みの中古農機販売・農機買取サービスを提供しています。

トラクターや耕運機・コンバインなど、国内トップクラスの在庫量があるので、きっとあなたの探している農機が見つかりますよ。遠方への輸送や、販売後の整備にも対応しております。

これから農業を始める方、新しい農機具をご検討の方は、お得に農機を手に入れませんか?
是非一度、弊社サイトにご訪問ください。

ファーマリー

コメント